糟屋郡須恵町で活動している少年サッカーチームです!よろしくお願いします。
last entry archives profile
comment link ☆占☆い☆ admin
material by 空色地図
template by xxx
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.10.15 Monday -

Facebookで幸生さんの写真をチェック

Facebook
facebook
Facebookで幸生さんの写真をチェック
Facebookに登録すると、友達の写真や動画や近況を見たり、メッセージを交換したり、さまざまな形で友達とつながることができます。
Facebookで幸生さんと交流しましょう
このメッセージはa45d282477e4af@mo.jugem.jp宛てに送信されました。 Facebookからのこのようなメールを受信したり、友達の提案にメールアドレスが使用されることを希望しない場合は、配信停止をクリックしてください。
Facebook, Inc. Attention: Department 415 P.O Box 10005 Palo Alto CA 94303

2012.10.15 Monday comments(0)

前日本予選スタート

 ブログ更新を頑張ろうと決意表明したのはいつだったろうか・・・。
やっと更新します。

昨日より全日本予選がスタートしました。3試合行いましたがどの試合も課題と収穫が多い試合でした。

試合内容については練習にて課題を克服して行きましょう!

それよりも気になっている点は「チーム一丸」となれるかどうかです。試合に出る子ども達だけが選手ではありません。ベンチにいる子、おしくもベンチに入れなかった子も含めて「チーム」です。

全員の思いが一つにならなければアザレアFCのサッカーはできないと思います。「チーム一丸」を目指して頑張っていきましょう!

2012.04.23 Monday comments(0)

ブログの更新頑張ろう!

 お久しぶりの更新です。実に440日ぶりの更新のようで、1年以上経過していました・・・。つくづく己のサボリ具合を痛感しています。これからは切り替えて頑張ろうと思います!
現在私は骨折中で練習に参加できない状態が続いています・・。コーチ陣が頑張ってくれているおかげで子ども達もメキメキ上達しているようです。もう少しかかるようでご迷惑をおかけします。
今週末新人戦もスタートします。みんなで県大会目指して頑張ろう!

2011.10.26 Wednesday comments(0)

福岡県サッカー交流会の画像です。

MA340062-0001-0001.jpg
画像が小さいですけど、先日の交流会の写真です!みんな頑張りました!

2010.08.12 Thursday comments(0)

芝生体験日(土曜日の練習)

 今週土曜日は

トップチーム:中学校部活動と合同で練習。(若杉グラウンド)

サテライトチーム:宇美総合グラウンド下ミニグラウンドで6〜8人制TRM

なんとどちらも『天然芝』のグラウンドでまさに芝生体験日になってしまいました。贅沢なことですよね。芝生のピッチで遊べるなんて!どちらも楽しんでサッカーをして下さい。

2010.07.29 Thursday comments(0)

明日はいよいよ福岡県サッカー交流会(ドーム大会)

 明日(30日)はいよいよドーム大会です。組合せをご連絡しておきます。全勝優勝を目指して頑張りますので応援よろしくお願いします。子ども達は試合よりもドームの外野ラバーに体当たりする事が目的なのかも・・・!

10:10〜 須恵町−水巻町
11:30〜 須恵町−大川市
14:30〜 須恵町−豊前市
16:00〜 準決勝
16:45〜 決勝

2010.07.29 Thursday comments(0)

粕屋フェスティバル組合せ

 粕屋フェスティバルの組合せが決定いたしましたのでご連絡します。

対戦相手:今宿・粕屋・穂波

■:40  須恵−粕屋
Γ隠:20 須恵−今宿
15:00 須恵−穂波

優勝目指してまずは1勝。一つ一つの試合を大事に戦っていきましょう。

2010.07.29 Thursday comments(0)

筑前サマーカップ

先週末は筑前サマーカップ糟屋地区予選が開催されました。予選リーグと決勝トーナメントの2日間の戦いでした。須恵アザレアFCは「チーム一丸」をテーマにチームとして何ができるか、チームに対して個人は何ができるかをチャレンジさせました。

予選・決勝トーナメントを通して感じたことは、チームがひとつになることの強さは子ども達も感じているようですが、ひとつにならなければならない時、また、1つになっていないときに何を行えばよいのかがまだつかめていないように感じました。

本来ならばゲームキャプテンやキャプテン、副キャプテンが雰囲気を作っていくべきではありますがまだ彼らもそのトレーニングが完成していないのでなかなかできない。他の子ども達も雰囲気を感じながら自ら進んで変えようと努力をしなければいけないがそれはしていない。

チームがチームを自浄作用によって変えるようにならなければ強いチームにはなれない。子ども達へ求めるには理想が高すぎると感じる方もいるかもしれませんが、これから先の彼らにとっても重要な事であり身につけておくべきことですのでしっかり求めていきたいと思います。

ゲーム内容は大変良い展開もあり、順調な成長を感じています。大宰府リーグもスタートします。横一線の競争はスタートしています。みんなレギュラー目指して頑張りましょう!

2010.07.07 Wednesday comments(0)

がんばれという言葉

 先日、ジュニアスポーツメンタルセミナー(体育協会主催)に参加しました。トップチームの選手、父兄の皆さんも御参加いただきありがとうございました。

この研修会は主に子ども達の試合への取り組み方、また大人の声のかけ方、考え方テーマに、奈良教育大学の先生にご教授いただきました。その中で感じた事は、子ども達が思っていることを大人は分かったように感じてしまい、何気ない一言が子ども達に大きな影響を与えるという事です。

先生は「ほめる」という事の使い方一番捉えてあります。それはトップアスリートへの指導にも十分通用するとの事で(元ジャイアンツの高橋投手(現メジャーリーガー)やオリンピック選手の指導もされてあったそうです)、伸び盛りの子ども達には自分の位置や頑張りを認めてもらうことが大切であり、それが「ほめる」という事だそうです。

しかしながら、スポーツには「アメとムチ」が必要であり、そのバランスを指導者や父兄がしっかりとってあげることこそ良いパフォーマンスが生まれることにつながります。そういう意味からも今回の研修はとてもためになるものとなりました。

ここで1つ、普段何気なく使っている「頑張れ」はとても難しい言葉だそうです。なぜなら声をかけている外野に関しては、「努力の認知」「励まし」などととらえてかけているのですが、受ける本人からすると同様の意味でとらえない場合があるのです。一生懸命頑張っても壁が超えられなく悩んでいる人にとっての「頑張れ」は、「努力が足らない」「今の努力は無駄だ、もっと考えろ」など現状への叱咤に感じる事があるそうです。
日本は主に前者の励ましとして使うことが多いのですが、ドイツでは平均以下の実力者への叱咤激励として使用しているようで、ドイツではあまり良い意味にはとらえられていないようです。

「言葉」とは使う人、聞く人によって様々に変化する魔法です。難しいですが勉強していくしかないようですね!私も相手の現状を把握しながら言葉を使っていくよう努力していきたいと思っています。

2010.06.30 Wednesday comments(0)

感動をありがとう!

サッカー日本代表、激戦が終了してしましました。日本代表を死力を尽くして戦ってくれていましたが惜しくも敗退。悔し涙を流した方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、自分がもっとも感銘を受けた事は、試合後の選手達の表情でした。悔しさを押し殺しチームの仲間と検討をたたえあう姿です。そこには苦しい状況を一緒に乗り越えてきた「仲間との絆」が見え、まさに日本代表、日本人の代表として誇らしく見えました。

この「絆」を感じながら共に高めあう、その大切さを子ども達へ伝えていく事が私たち大人の大事な仕事なんだなと思います。我がチームも日本代表へ少しでも近づけるよう頑張りましょう!

岡田ジャパン感動をありがとう!

2010.06.30 Wednesday comments(0)

1/20 >>
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.